あそびをせんとやうまれけむ

まあ、なんでしょ、ぢしんからこっち、考えさせられることのみ多かったと思うわけで。
受身で乗っかって喋らされるのは苦手なので、こんなタイトルで。

遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけん
遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそ動がるれ

引用:梁塵秘抄

大意としては。

遊ぶために生まれて来たのだろうか。戯れるために生まれて来たのだろうか。
遊んでいる子供の声を聴いていると、感動のために私の身体さえも動いてしまう。

つれづれの文車より

考えることも大事だけど、感じて行動に移すこと、事程左様に大事かと。

突き詰めようとするわけではないけれど、刹那的と刹那に活きるのは違う理由(=ワケ)で。

それ剣は瞬息 心、気、力の一致

評価されなくても良いような生き方だけど、
味わうことを無くしてしまえば、残るのは残滓だけとなるのは無情なのかな。

まとまんないや。

*最初に戻る

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL