球蹴りと組織と個人

Adidas Brazuca 2014 World Cup Ball 1

Nippon 代表は、みんな自分のために90分間フィールドを疾走った。
Before と after も含めて、今後も海外に拠点を置き、評価に晒される選手たちはシヴィアなゲームだったでしょう。

気持ちをかたちどるなら、まだまだ一緒に見たかったに尽きます。
ステークスホルダーでもない、心無い人達から距離を置いて、いたずらにいじらないであげること。
今は振り返らせてあげたいキモチでいっぱいです。
みんな一緒に戦ったことは、想い出すたびにうれしくなります。

お疲れ様、そしてありがとう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL