05

あそびをせんとやうまれけむ

まあ、なんでしょ、ぢしんからこっち、考えさせられることのみ多かったと思うわけで。 受身で乗っかって喋らされるのは苦手なので、こんなタイトルで。 遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけん 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえ […]